Blogブログ

2017.8.26.(土)

クズだと思われて構わない

人と上手く関われて羨ましい、と言われた。私の方こそずっと憧れていた。家庭を築きながら本気で他人と向き合い深く関わろうとする姿は、たとえそれが失敗でも美しいと思った。私は神経質だし人間の平均よりはかなり繊細な方だと思う。ただ器用になりすぎたかもしれない。感情をコントロールできる術をここまで身につける必要は多分なかった。勿論制御できていない部分もあるけど(ただそれも計算の内という場合もあるのでやっぱり器用なのは間違いない)。

早く歳を取りたい。面倒なこと腹立つこと悲しいことすっ飛ばして経験値だけは上げて、あたかも色々大変だったかのような空気を出したい。30歳前後の人に惹かれる。精神的には私もそのくらいだろうけど、経験の差は埋められない。それが分かるから惹かれる。

しかしライブ活動で例えるならば、ゴミみてえな寄せ集めブッキングイベントの出演順が多少後ろの方になったりだとか(出演順があからさまに活動歴や集客で決められているライブを私はゴミブッキングと呼んでいる)、若手アーティストに経験を積ませるために利用されるようになったりだとか、そういう経験の積み方は違うと思うこの頃。このままライブをしているとそうなりそうで焦る。一般的に今私のいる世界はそうなんだと思う。「みんな」、そうやって「頑張っている」んだと思う。この世界を間違っていると言いたいんじゃない、むしろここに居ると私だけ物凄く間違っているような怠けているような気がして苦しい。

もうこんなの辞めたいと思っても、すぐには辞められない。実際3月までライブ決まってるし。そこらへんは仕事をしている人と同じかもしれない。うだうだしているうちに楽しそうなライブに誘われ、楽しそうだなと思って快諾して、私の音楽を愛してくれる人も増えて、お酒を飲んで楽しくなる。そしてシビアに自分の音楽を観ている自分と向き合った時、自分だけが自分の音楽に満足できず、やりたい事とやっている事のギャップがどんどん大きくなっていることに気づく。3月にどんな自分になっているかなんて分かんないよ。全然。

不自由すぎて全部辞めたい。辞めたいと言うほど何もしていないよ、でも最近本当に何をやっても駄目だ。変わりたい。どうしても変わりたい。知らない街でアパートを借りて、働かずに音楽を作るだけの生活を送りたい。それはさすがに色々無理だけど。

変わりたい。新しく始めたこともある、ようやく伝えた言葉もある、それでも足りないし焦る。

変わろう。