Blogブログ

2017.7.10.(月)

よみがえったみたい。(フレタ 歌詞全文)

フレタ

ただ息をする。死んだように身を潜めて。邪魔できない個室で、冷たくなる。

それが本物ということなら、私は、伝統を引き継いだだけの真似ごと。昔々の過剰な執着が、歳を重ねど抜けないのです。

人を変え、人を変え、人を変え、

壊して満たした罰を受けた。誰か私をさわって。深海にもぐり、見つけて。

キラキラしたノースリーブのお姉さん。強調された胸元。醜いこの身に価値などない。

すがってたどり着いた、いつかの朝やけが透き通る。

私を、確かに触れた。

壊して満たしたいわけがない。誰か私をさわって。特別になって。

誰もいなくなっても、この世界を忘れても、私だけは絶対に変わらない。体温のぬくもりが、人を確かに愛したしるしよ。

確かめた、あの時抱きしめた記憶を、たどって生きてる。

深海の底で、